暗証番号とサインはどちらが重要?

- 暗証番号とサインはどちらが重要?

暗証番号とサインはどちらが重要?

カードを使う際に生まれる数々の疑問点について

青いクレジットカード
クレジットカードを利用する時、店によってサインを求められる時と、暗証番号を求められる時があります。
なぜ、店によって求めるものが違うのでしょうか。
また、クレジットカードの不正利用を防ぐためのセキュリティであるサインと暗証番号は、いったいどちらの方が重要なのでしょうか。
暗証番号を忘れたとしても、サインさえ出来る状態なら、特に問題なくカードを使うことが出来るのでしょうか。
そういった、カードを使う際に生じる疑問点について、これから説明させていただきます。

暗証番号を求める店とサインを求める店の違いについて

暗証番号を求める店とサインを求める店になぜ分かれているのか、それは店が暗証番号決済に対応している場合と、していない場合があるからです。
決済に対応している場合、暗証番号での対応になることが多いです。
ただし、店側が特別な機械を導入して暗証番号での決済に対応していても、カードの方が旧式で対応できないと、サインによる決済をするしかありません。
ですので、暗証番号で決済したいなら、カードをICチップ付きの新式カードに切り替えておきましょう。

暗証番号よりもサインの方が重要です

暗証番号とサイン、どちらがセキュリティとして重要なのかと問われれば、当然、重要なのはサインの方です。
なぜなら、暗証番号を忘れてもサインで決済することが出来ますが、その逆は出来ないからです。
なので、ネット決済などの例外を除けば、暗証番号を忘れてもカードを使用する上で問題はありません。
もちろん、不正使用などのことを考えると、きっちり暗証番号を管理しなくてはいけませんが、普通にカードを使うだけならサイン決済だけで十分なのです。

海外に行くなら暗証番号も重要になります

先ほど述べたように、サインさえ出来ればカードを使う上で不便が生じることはありません。
ただし、これは国内使用に限っての話です。
海外でカードを使う場合、また話が変わってきます。
海外ではセキュリティ確保のため、いい加減な筆跡、つまりサインによる本人確認より、暗証番号による本人確認をするところが多いです。
ですので、暗証番号を忘れたまま海外でカードを使うと、これは本当にあなたのカードですか、ということになりカード使用を拒否されることがあります。
もちろん、国によってはその辺の意識がゆるいので、国内と同じようにサイン決済だけで押し通すことも出来ますが、先進国では暗証番号を重視するところが多いので、海外に行くなら、使用するカードの暗証番号を忘れず頭の中にたたき込んでおきましょう。
そうすれば、いきなり暗証番号の入力を求められても、落ち着いて対処することが出来るでしょう。

Similar Posts:

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 面倒な審査なし!現金化なら即日対応! All Rights Reserved.